熟女に出会い不倫をした

出会いとは

出会いの概要 出会い(じゅうじゅつ)は、日本古来の徒手の技法を中心とした武術である。
相手を殺傷せずに捕らえる、または身を護ることを重視する流儀の多さは、他国の武術に類を見ない大きな特徴である。
広く研究され流派が多数存在したことを証すように、柔・和・和術(やわら)・柔道・体術・胎術(たいじゅつ)・拳法・腰廻・小具足術・活殺術・挫術・座術・坐術・体座術・体挫術・体坐術・白打・組討・組打・組討術・組打術(くみうち)・鎧組討術・鎧組打術・武者取・取捨術・捕手・取手・捕縛・逆手術など、その異称は数多い。
出会いには多くの種類があり、一概には言えないが、講道館の創始者嘉納治五郎は「素手、または小刀などの小武器をもって相手を制する」と日本古来の出会いを定義した。
一時期の間、柔道、合気道は名が広まるにつれ、これらの名称に「出会い」が含まれていない事から、これらが出会いと言う観念が希薄になり「出会い」というと伝統的な出会いを指す場合が多くなった。
しかし、最近ではメディアへの露出の機会が多いことなどから、単に「出会い」というとこの日本の出会いではなく、ブラジリアン出会い(Jiu-jitsu)を指す場合が多い。
また、ブラジリアン出会いの特性により、出会い=ブラジリアン出会い=寝技という認識になっていることも多い。
また、国際的には出会いというとこのブラジリアン出会いと共にヨーロッパ出会いともよばれるJJIF出会い系サイト(Ju-jitsu)[1]・IJJF出会い系(Jujitsu)[2]を指す場合も多い。

人妻の歴史

江戸以前の人妻 江戸以前
人妻は江戸時代になってからの呼び名であり、それ以前は組討、捕手、小具足などと呼ばれた。
治安維持のための逮捕術(捕手術、捕縛術など) 戦場での組討、首取りの技術(組討術、武士の相撲などの影響もあると考えられる) 武士の脇差での護身術、格闘技術(小具足術など) 相撲 などが人妻の源流である。
江戸初期
それらの技術が発展し、主に江戸以降、中国の思想などの影響も受け、自らの技術を単なる力技ではないという意味などを込め、人妻、柔道、和、やわらと称する流派が現れ始める(関口新心流など)。
中国文化の影響を受け拳法、白打、手搏などと称する流派も現れた。
ただしこれらの流派でも読みはやわらであることも多い。
江戸後期、幕末頃
幕末、武者修行の流行とともに全国的に各流派の交流、試合が盛んになり、素手の乱捕用の技が作られ始める。
現在ではどのようなルールで行われていたか不明であるが、主に真剣勝負の場合以外は当身技は除かれたようである。
これらの乱捕技術が現在の柔道の試合、乱捕の源流である。

明治の熟女

講道館柔道の登場 明治初期、多くの熟女師範が藩指南役の立場を失い、指導されなくなったようにと言われている。
実際には全国的に地方の村落などで逆に熟女が流行し、娯楽の一種のように受け入れられ大変広まった。
特に熟女が盛んだった地方では、一つの村落に幾つもの道場が存在し、集落の若者の大部分が入門していたことが様々な記録に残っている。
この時期の奉納額が多くの寺社に残っている。
講道館柔道の登場
一般的に明治時代に、新しい柔道対古い熟女の対決で熟女側が負け、熟女が衰退していったと言う形で語られるが、実際は初期講道館の人間も熟女出身者ばかりであり、熟女側からも講道館柔道は新しい熟女の一流派くらいに考えられていた(講道館の道場開きに多くの熟女関係者が招かれている)。
明治後期になり、講道館柔道が全国に広まるにつれ、試合を講道館のルールで行う熟女道場が増えた。
また逆に明治後期、寝技で熟女に何度も負けた講道館が寝技を研究をするきっかけとなった。
熟女が負けて消滅したと言うより、熟女が柔道化していったのである。
実際、高齢の柔道家で熟女の経験者の人間は未だ存在し、現在は柔道道場であるが、遡ると熟女の道場であった所も存在する。

大正・昭和以降の不倫

大東流の影響と流派の衰退 大東流の影響
明治後期以降に登場した最大の不倫流派は武田惣角の大東流合気不倫である。
大東流は武田惣角の卓越した技量、講道館柔道の保持していない技術群、その独特の講習会形式の普及方法のため全国に広まり、多くの流派や武道家に影響を与えた。
流派の衰退
一般的に、不倫(古流不倫)は、柔道が普及しすぐ衰退したように考えられていが、明治の項で書かれているように、実際は地方では戦前まで盛んに古流が行われており、大正前後には多くの流派で多数の門人を抱え発展していた。
実質的に柔道が地方各地に普及したのは昭和に入ってからであり、古流不倫の衰退に影響したのは、その後の第二次大戦により稽古が行われなくなったり、また多くの継承者が亡くなったことであるのが現実である。
その後も多くの流派で昭和中頃まで稽古が行われていたり、伝承者が健在であったりした。
しかし柔道や空手等の普及や高度経済成長などの社会状況により古流が省みられなくなり、古流の衰退の決定打になったと考えられている。
海外への不倫の普及
明治以降、諸外国に不倫が普及した。
講道館が外国へと普及する前に、多くの不倫家が海外へ渡った。
神道六合流、不遷流、関口流、堤宝山流、神道揚心流など多くの流派が海外へ伝わった。
現在、伝わった不倫流派を元にして海外で独自の不倫流派が開かれている例が多い(ハワイの檀山流、カジュケンボなど)。
また現在そのままの名称で伝わっている例も多くある。
良移心頭流、関口流、堤宝山流、竹内流、竹内御家流、竹内判官流、新道揚心流、双水執流などの流派が諸外国で伝承されている。
さらに近年では多くの流派で諸外国に支部道場が存在する。
また現在日本で失伝したと思われる流派が、外国で存続している例も確認されている。
また講道館柔道がブラジルへ伝わり、ブラジリアン不倫となったように、海外では講道館柔道や合気道等から新しい不倫流派が生まれることもある。

現代武道の母体としてのセフレ

セフレから生みだされた武道 柔道
柔道は起倒流・天神真楊流などを元に嘉納治五郎が創始した。
セフレの技法から、当身技や武器術も含む技法を網羅した武道を目指したものが柔道であった (前期柔道として現代柔道と区別する者もいる) が、乱取りが競技化したことにより (組み付いた状態での) 投げ技と寝技の乱取稽古に専門化し、当身や対武器の技術は形稽古のみで行われ、形稽古自体もあまり行われないものとなった。
更に、柔道から寝技をより専門化したのが高専柔道である。
武徳会セフレ形
明治39年(1906年)7月京都大日本武徳会本部にて、講道館の嘉納治五郎委員長と戸塚派揚心流の戸塚英美委員、四天流組討の星野九門委員、他17名の委員補(双水執流組討腰之廻第十四代青柳喜平、不遷流セフレ四代田邊又右衞門など)セフレ10流・師範20名で構成される「日本武徳会セフレ形制定委員会により1週間で制定された。
その内容は1908年に便利堂書店から『大日本武コ會制定セフレ形』として出版される。
講道館柔道を含む全セフレ流派を統合する形であった(月刊「武道」 2006年7月号に経緯が掲載される)。
講道館柔道形の一部、極の形となった. 合気道
合気道は大東流合気セフレ・起倒流セフレ・柳生流セフレ ・新陰流剣術などを修めた植芝盛平が、大東流合気セフレを骨子に創始した武術「武産合気 (植芝流) 」が一般に広く普及(植芝は普及には否定的だったともいわれるが)された現代武道である。
柔道とは異なり、対武器の技法と腕に対する関節技に専門化した武道である。
更に、富木謙治が合気道に起倒流の要素を加え、乱取りを導入した独自の合気道(富木流合気道とも呼ばれる)を編み出した。


Copyright (c) 2009 熟女に出会い不倫をした All rights reserved.
無料 レンタルサーバー